私たち大和川グループは、企業活動、業務遂行において、関係法令並びに社内規程、また各国の法令や、国際ルールの遵守を徹底します。また、「国連グローバル・コンパクト4分野10原則」に賛同・支持するものです。一人一人が高い倫理観と社会的良識を持つことが、企業発展、社会貢献に不可欠と考え、以下に大和川グループで働く役員及び従業員が日々の業務において遵守すべき事項を定めます。 

【1】誠実で公正・公平な事業活動

① 企業活動において、国内外の関係法令及び社内規程を遵守し、正しい社会倫理と正常な商習慣に基づいた行動、公正、公平、自由な競争を基本とし、適切に活動します。
② 購買取引先とは、互いの立場を尊重し、良きパートナーとして相互理解と信頼関係の維持向上に努めます。
③ 取引先との接待、贈答品の授受に関し、社会通念上の常識を逸脱した規模の便宜供与は一切行いません。

【2】社会的使命

① 事業活動において、地球温暖化の防止、資源の循環的利用、生態系の保全に取り組み、常に環境に影響を及ぼす可能性を調査し、発生の防止に取り組みます。
② 国内外を問わず、各地域の文化、習慣、風土を尊重し、事業活動を通じて地域社会の発展に貢献出来るように努めます。
③ 政治・行政との関わりについては、健全で正常な関係を築き、関係法令を遵守します。
④ 暴力団等の、市民生活に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは、一切の関係を持たず、また反社会的取引、行為は行いません。

【3】人権の尊重と法令遵守

① 従業員の採用や処遇においては、各人の個性を尊重し、人種、肌の色、国籍、性別、宗教、信条、思想、疾病、障害等により、差別や個人の尊厳を傷つけることは行いません。
② 各国、各地域の法令で定められている法定最少年齢に満たない児童に対する児童労働はさせません。